自律神経が乱れるとどうなるの?

🌴自律神経とは?🌴

人の神経は、脳や脊髄にある「中枢神経」と、全身にある「末梢神経」に大きく分けることができます。さらに末梢神経は「体性神経」「自律神経」に分けられます。

🍍体性神経は、おもに運動機能に関わる神経で、私たちが自在に手足をコントロールできるように、意図的にコントロールできる神経です。

🍍自律神経は、私たちが意図的にコントロールすることはできない神経のことです。また、さまざまな内臓器官に関わる重要な神経で、主に内臓や血管の働きをつかさどり、呼吸や心拍、血管収縮、体温調整、発汗、排泄などの生命活動に深くかかわっています。

自律神経は、活動的なときに優位となる「交感神経」とリラックスするときに優位になる「副交感神経」の2つに分けられ、この2つの神経がバランスをとりながら働いています。体の部位や体内外の状況に応じて、アクセルとブレーキのような役割を果たしています。自律神経を乱れさせないためには、このバランスを崩さないことが重要といえます。

 自律神経の役割 

交感神経と副交感神経は、それぞれが活発になることで内臓器官の働きを調節しています。例えば、交感神経が活発になると心臓の心拍数は増えますが、胃腸の働きは抑制されます。逆に副交感神経が活発になると、心拍数は減り、胃腸の働きは活発になります。

活発に動くときや、緊張状態にあるときは交感神経が、休養時やリラックス状態にあるときは副交感神経がそれぞれ活発になっていることがわかると思います。交感神経と副交感神経が互いに協調することで、内臓器官の働きのバランスが保たれているのです。

🌴自律神経はどうして乱れる?🌴

まずは、日常生活を振り返り、自分は自律神経が乱れやすい状態かどうかをセルフチェックしてみましょう。

次の項目にどれくらいあてはまるのか、確認してみてください。

該当数が多いほど自律神経に負担がかかっているといえますので、ご自身の生活習慣や環境を見直してみることをおすすめします。ただ、あてはまる項目が1つだったとしても、自律神経の乱れにつながる要素はありますので気を付けましょう。

心身の不調と密接な関連があるという自律神経の乱れ。どのようなことが原因となって、自律神経のバランスは乱れてしまうのでしょうか。

 ストレス 

ストレスを感じることで、体内では交感神経がコントロールする副腎皮質から「副腎皮質ホルモン」が分泌され、同時に副腎皮質の中ではアドレナリンなどが分泌されます。副腎皮質ホルモンやアドレナリンには、血糖値上昇や血圧上昇、免疫抑制、胃酸分泌促進、覚醒などを引き起こす作用があり、交感神経を優位にする働きがあるのです。

ストレスを受け続けると交感神経が優位になり続けてしまうため、副交感神経とのバランスも崩れてしまいます。その結果、心身の不調を引き起こしやすくしてしまうのです。

人がストレスを感じる環境はさまざまで、人間関係や仕事のプレッシャー、緊張といったものだけでなく、過労やケガ、温度、音、光などが原因のストレスも、自律神経の乱れを引き起こしやすくします。何に対してストレスを感じるのかは個人差があるため、日頃から自分がストレスを感じやすいことを把握し、なるべくリラックスできる環境で生活することが大切です。

 不規則な生活習慣 

私たちの体は、規則的な生体リズムのもと、さまざまな器官がその役割を果たしています。しかし、慢性的な睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活、昼夜逆転の生活といった不規則な生活習慣を送り続けてしまうと生体リズムが狂い、自律神経のバランスも乱れてしまいます。ストレスを軽減させるためにも、規則的な生活を送ることが大切です。

 心身の疾患 

ストレスや生活習慣だけでなく、心身の疾患が原因となって自律神経のバランスを乱してしまうこともあります。

過剰な精神的・身体的ストレスが原因となって発症する自律神経失調症は、元々乱れがちだった自律神経がさらに乱れてしまう、という悪循環に陥ってしまう疾患。
また、更年期障害は、女性ホルモンの分泌が急激に減少し、自律神経が乱れてしまう疾患です。症状としては突然のほてりやのぼせ、めまいや頭痛などの不調が挙げられます。

🌴自律神経が乱れるとどうなる?🌴

自律神経が乱れることによる体調の悪化は、身体機能の調節や制御が利きづらくなることで引き起こされます。その症状が悪化すると自律神経失調症となり、症状が繰り返し出現したり改善したりする状態に。症状は人によって異なり、個人差があるのも特徴です。

代表的な症状としては、次のようなものが挙げられます。いくつかの症状が同時に現れたり、ある症状が治っても別の症状が出たりするケースもあります。

🌴自律神経が乱れによる不調が現れやすいタイミング🌴

 ストレスが限界に達したとき 

自律神経が乱れる原因として、職場における人間関係や家庭内での悩み、将来についての不安などの精神的なストレスのほか、過労による身体的なストレスが挙げられます。ストレスを受けていても、最初のうちやエネルギーがあるうちは症状が現れにくいのですが、やがてエネルギー不足に陥り、ストレスが限界に達してしまうと、体がSOSのサインとして症状を引き起こすといわれています。

 月経前 

女性の場合、月経の1週間ほど前にあたる「黄体期」になると、イライラやうつうつとした状態になるPMS(月経前症候群)の症状が現れやすくなります。女性ホルモンに指令を送る脳下垂体は、自律神経をコントロールする視床下部のすぐ下にあるため、自律神経がホルモンの変化によって影響を受け、自律神経症状を引き起こしやすくなってしまうといわれているのです。月経前は特に、ストレスを溜め込まないように気を付けていきましょう。

ま と め

風邪や病気以外で心身の不調を感じた場合、原因は自律神経の乱れにあるかもしれません。まずは不規則な生活習慣を送っていないか、またストレスを受けやすい環境に置かれていないかを振り返り、改善できるポイントを探してみることが重要です。

自律神経の症状はさまざまで、人によって度合いや引き起こされるタイミングも変わってきます。不調を感じた場合は、原因となるストレスを受け続けないように、また生活習慣を改善して、しっかり休養をとることが大切です。もし症状が長引いていたり、また重く感じたりする場合は、早めに病院にかかることをおすすめします。

さまざまな症状を引き起こす自律神経の乱れは、ストレスによる脳の問題と言われています。脳の問題に大きく影響を与えているのが、『あなたのストレスは、どのタイプ?』でもお伝えしました脳内物質「ノルアドレナリン」「ドーパミン」「セロトニン」のバランスです。その中でも セロトニン不足 が原因とも言われています。

まずは、脳内物質セロトニンの分泌量を安定させることをおすすめします。

セロトニンの分泌量が安定するとどのような効果が?

セロトニン作用で心身・美容に効果的!

あなたのストレスタイプを知りましょう!

あなたのストレスは、どのタイプ?

PAGE TOP